教会記念日礼拝・祝会報告

2015年6月16日

image001

5月10日(日)、これ以上ないほど晴れた日に教会創立115年を迎え、アンデレ中村 豊教区主教の巡錫を得て教会記念日礼拝・祝会が行われました。

しかし寂しいこととして、長く神戸昇天教会の為に尽力されたヨハネ桑原一郎司祭が4月18日に逝去され、遺影を飾っての礼拝・祝会でした。礼拝後、恒例の記念撮影、そしてホールへ場所を移しての祝会は、桑原一郎師の愛唱聖歌540番を歌い始まりました。

今年も婦人会の方々により美味しい食事が用意されました。最初に桑原夫人から葬儀に際しての感謝と、ずっと寄り添って来られたご主人を亡くされた悲しみを、持前の元気でカバーされながらのご挨拶がありました。

岡崎司祭は「桑原司祭とは高校時代以来の切磋琢磨する関係であり、今は非常に寂しい」と桑原司祭を偲ばれました。また信徒の方々からも桑原師を偲びながら、桑原司祭への感謝の言葉が述べられました。

image003

中村主教からは 2014年の管区総会に提出され、第1回の協賛を得た「堅信前の陪餐」についてのお話がありました。「従来からの信仰の形に対する重大な変更であり、祈祷書の改訂を伴うので充分な議論が必要である。その際、指導者たる聖職者の役割は非常に大きい」と述べられました。

image005

日頃お目にかかれない兄弟姉妹も見えられて、楽しい祝会となりました。最後に「主の祈り」を全員で唱え中村主教の祝祷で閉会しました。