第41回バルナバ伝道集会

2018年6月10日

6月10日(日)13:30から神戸昇天教会礼拝堂にて、第41回バルナバ伝道集会を開催しました。

今回は、社会福祉法人光朔会オリンピア常務理事の山口 宰師を講師にお迎えして、「最後まで自分らしく-安心して地域で暮らすために」というテーマで講演して頂きました。山口 宰師には、2015年のバルナバ伝道集会にもお越し頂いて「よくわかる!認知症とこれからのケア」というテーマでお話し頂きました。今回は介護する立場ではなく、自分自身が高齢時代を迎えた時に、住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けるためのヒントを、ノーマライゼーションの理念や介護保険制度の解説を交えながら、お話し頂きました。講演会後の懇談会においても、具体的な介護サービスの利用方法や、キリスト教に基づいた高齢者福祉施設のあり方ついて、様々な質問に答えて頂きました。ご講演に感謝すると共に、山口師のさらなるご活躍、そしてオリンピア諸施設の働きがさらに祝されますことをお祈りしたいと思います。