2018年5月

教会記念日礼拝・祝会

2018年5月13日 日曜日

神戸昇天教会は、5月13日(日)、118回目の創立記念日を迎えることができました。今回は昨年秋、神戸教区主教に就任された、小林主教の初めての巡回です。また3名の方々が堅信式を受けられたのは大きな喜びでした。礼拝後、あいにくの雨天のため、礼拝堂での記念撮影に続き、会館ホールで、出席者約50名で、小林主教ご夫妻、また記念日礼拝のためにお越しくださった飯塚マリ子師を囲んで、祝賀愛餐会が開かれました。

 

まず小林教区主教から堅信式を受領された3名の方に火を灯したキャンドルが渡されました。聖霊の火、信仰の火を灯し続けなさいという励ましです。そして婦人会の方々が作られたちらし寿司などを食しながら歓談の一時を過ごしました。その後、教区常置委員でもあるM委員・信徒代議員から新主教のご紹介がありました。また本日、堅信式を受けられた3名の方々の紹介があり、各々、自己紹介をされ、入信の経緯及び抱負などを話されました。そして堅信受領3名の方には、教会から祈祷書(主教署名入り)の贈呈がありました。

 

祝賀会では神戸昇天教会118年の「沿革」の朗読、婦人会から主教夫人へ花束の贈呈が行われました。そして飯塚マリ子師の挨拶、小林尚明教区主教からお話があり、主教職を全身全霊で頑張りたいとの抱負を述べられ、閉会祈祷と主の祈り、小林教区主教の祝祷をもって喜びの教会記念日祝会を閉じました。

 

神戸昇天教会 月報5月号

2018年5月7日 月曜日

月報5月号の巻頭を掲載しました

2018年の会報誌はこちら