2017年度 復活日礼拝・祝会

2017年5月10日

復活日礼拝・祝会
4月16日(日) 復活日10:30からの主礼拝には55人が参列し、共に主の御復活を喜び、感謝の祈りを捧げました。

 

礼拝後、会館ホールで約40名が参加して祝賀会が開かれ、サンドイッチやイースター・エッグで歓談の一時を持ちました。久しぶりに来られた方や他教会から参列された方もおられ、殊に東京聖マリア教会からお越しになったI姉はパレスチナの教会の事情に詳しく、「パレスチナの現状」に心を向けてほしいとのお話がありました。そして一昨年、結婚されたY姉が、久し振りにお子さんと共に出席され、昨年生まれたお子さんが順調に成長されていることなどを話して頂きました(下左)。

またN姉からも、しばらく教会に来られなかったのが、このイースターには参列できたことの喜びを語って頂き(上右)、そしてK兄からはご一家の近況などをお話し頂きました(下左)。

引き続き、K姉が賛美歌「一羽のすずめに」を歌い、また全員で「球根の中には」を歌って楽しい一時を持ちました。その後、祝辞で教会最長老のI兄から昔のイースターの思い出を(上右)語って頂き、また婦人会長のM姉からも信州での雪の中でのイースターの思い出を語って頂きました。

最後に、小南司祭から今年度標語、努力目標、聖語が発表され、一同で主の祈りを唱えて、今年も祝賀会を感謝して閉じることができました。

 

春季逝去者記念礼拝・墓参

4月23日(日)復活節第2主日、神戸昇天教会の歴代逝去者を覚えて礼拝を捧げました。
礼拝後、墓参を行ないましたが、今年は本当に天候に恵まれ、墓参の祈りを献げた後、暖かい日差しのなかで、納骨堂前の野原でお弁当を頂きました。

天に召された敬愛する兄弟姉妹の主にある光明と平安を祈り、世にある私たちも、世を去った兄弟姉妹も主にある交わりの絶えないことを改めて覚えることができましたことを感謝したいと思います