3月教会行事

2016年4月5日

平和のために語り継ぐ会

3月13日(日)主日礼拝のなかで、今年も1945年3月17日の神戸大空襲によって犠牲となった方々を追悼し、礼拝後、昼食に「すいとん(但し、戦時中とは全く異なる具沢山で美味しいすいとんですが)」を頂きながら、平和のために空襲や戦争の体験を次世代に語り継ぐ会を持ちました。またこの日は、戦争などの様々な経験をされながら3月18日に97歳を迎えるI兄のお祝いの時も持ちました。
今後とも戦争体験者の方々には平和のために語り部の働きを担って頂ければ感謝です。

 

image001

共に「すいとん」を頂きながらの昼食。

 

image002

3月18日に97歳を迎えるI兄からお話しを聞きました。

 

image003

熊内町に住んでいて空襲に遭ったK姉の体験談。

 

image004

三条町に住んでいて空襲に遭ったH姉の体験談。

 

image005

引揚体験やご親族を広島原爆で亡くされたことなどを話されたS姉。

 

「聖公会の歴史」勉強会

3月20日(日)主日礼拝後、婦人会例会に先立って「聖公会の歴史」についての勉強会を行いました。
今回はまず「聖公会の歴史Ⅰ」としてローマ時代のキリスト教とアイルランドの宣教者の聖パトリック、そしてアイルランドからブリテン島に宣教した聖コルンバについての資料などをみて、そこから聖公会は幾分ケルト的なキリスト教の影響を受けているのではないかといったことを学びました。

image006

 

教会境内樹木の選定

3月22日(火)午前9時から業者に依頼して教会境内の樹木(楠2本、青桐1本、その他)の選定を致しました。すっきりと明るくきれいになりました。

剪定前
image007

 

剪定後
image008

 

 

聖週の神戸昇天教会祭壇

3月20日(日)棕櫚の日曜日
image009

 

 

3月25日(金)聖金曜日
image010

 

 

3月27日(復活日)
image011