神戸大空襲犠牲者追悼の祈り 平和を語り継ぐ会

2013年3月17日

神戸大空襲犠牲者追悼の祈り

平和を語り継ぐ会

 

3月17日(日)主日礼拝の中で、1945年3月17日の神戸大空襲による犠牲者追悼の祈りを捧げました。

礼拝後、戦時中の食事について思い出すために、昼食メニューは「すいとん」でした。

但し、婦人会特製の具沢山の大変美味しいもので、当時のものとは全く違います。

年配の方々は口を揃えて、こんな御馳走は食べられない時代でしたとのこと。

昼食後、「平和を語り継ぐ会」を開き、近隣の方、また年配の信徒の方々から、

空襲、疎開、食糧難などの記憶を語って頂き、平和の尊さと、

平和を守っていく責任についての思いを新たにしました。

 

2

婦人会特製の美味しい「すいとん」

 

3

戦時中の体験を語って下さる堀之内さん。